光脱毛はエステ脱毛における主流

光脱毛はエステ脱毛における主流となっており、もともとはフェイス用に開発されたマシンがメラニンに反応することを利用して行われるようになりました。
エステ脱毛では、マシンの製造業者やエステサロンによって、フラッシュ脱毛やプラズマ脱毛、IPL脱毛などさまざまな呼び方がされていますが、これらは全て光脱毛のことを指しています。


この脱毛法では、光が毛の黒い色にだけ反応するという性質を利用しており、発育を抑制することで少しずつ生えてくる毛を減らし、その結果脱毛できるという仕組みです。
エステ脱毛では毛根組織を破壊しないため、肌に与えるダメージを抑えることができますし、ニードルやレーザーのようなトラブルもほとんど無いので安心して施術を受けることができるというメリットがあります。
また、サロンでは脱毛し放題を保証している場合が多く、エステ脱毛を受けた後で毛が生えてきても繰り返し施術を受けることができるので便利です。
サロンで行っている光脱毛も、医療機関で行っている医療レーザー脱毛も、光を利用して脱毛するという点では同じなのですが、その光の出力に違いがあります。
光脱毛では医療レーザー脱毛よりも光が弱く範囲が狭い分、ピンポイントで毛根まで確実に届くと言われています。


もちろん光の出力によっても脱毛効果が変わるということですが、最近では高性能のマシンが増えてきたので、サロンの光脱毛でも十分な効果を期待できる場合が多くなってきました。

人気サロンTBCの情報満載ですよ!TBC予約ゼミ〜TBCの全てを徹底解説!